ケンタロウ

【ケンタロウさん】体によくなくても、食べたいなら食べる。

プレジデントオンラインで、
『若々しくやせる「1日1~2食」のススメ』
という記事を読みました。

美容整形の医師が書いてるのですが、なかなか挑戦的な提案でした。
この医師自身が1日1食の生活をしてるそうで、「砂糖と小麦粉で作ったお菓子、白米、パン、麺、ポテトは食べたらダメ」とのことでした。

仮にこの食生活が(健康的に)正しいとして、ケンタロウ本はもちろん、ほぼすべてのレシピ本の存在意義が問われることになってしまいます。
それどころか、ケンタロウさんも食べる物がなくなって、「なに食べたらええねん」ということになってしまいます。
ケンタロウさんに限らず、多くの人がそうなるでしょう。

この医師もなにかしらのエヴィデンスがあってそういう食生活の提案をしてるのでしょうが、科学的に理にかなった食生活が、イコール健やかな生活とはならないような気がします。
たぶんこのお医者さんは自分がそういう食生活が好きだからこそできてるのだろうし、それでなかったらすぐにストレスで潰れてしまいます。

ケンタロウ本「ごはんのしあわせ」の後半に載ってるエッセイには「自分の気持ちも体もなにが幸せかは自分で選べばいいし、食べる物を人からいちいちああしろこうしろと言われるのはまっぴらごめん」と言ってます。

強く同意します。
さらにこうも言ってます。
「もし体によくないと言われても食べたい物を食べたいように食べる」

私がケンタロウさんのことが好きな理由は、まさにここです。
もちろんケンタロウさんのレシピがおいしいから、作りやすいからという理由もありますが、それはあくまでも好きな要素のごく一部であって、極論を言えばおいしいから、作りやすいからはどうでもいいとさえ思ってます。

人間が作るレシピなので、ちゃんと人間味があってほしい。
おいしいだけでいいのなら人工知能のロボットで十分です。

私も、昔は体メインで食べ物を選んでました。
でも、だんだんと好きな物を好きなように食べるようになりました。
決して体なんてどうでもよくなったということではなくて、ガマンしなくなったのです。
暴飲暴食やわざと体に害のある物を食べたりはしませんが、体によくない物でも食べたかったら食べます。
そのあと気持ち悪くなったら次から食べないだけです。

世の中の食べ物全部がおいしくて、かつ体にいい物ばかりなら言うことないですが、体にはよくないけど、でもとんでもなくおいしい物もあります。
「体のためだから」と好きな物をガマンして辛くなるなら、ちょっとくらい体によくなくても好きな物を好きなように食べます。

「ケンタロウ本の9割が体に良くないレシピ」と言われても、作りまくります。
当たり前です。
だって好きですから。
それ以外の理由が必要ですか?

若々しくやせる「1日1~2食」のススメ | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

◉こちらもどうぞ

ケンタロウさんは、うれしい料理家。

コメントを残す