ケンタロウ

「ケンタロウ 1003レシピ」を撮影した木村拓さんが明かす、この本のポイント

料理写真家 木村拓さん

東京料理写真 – 料理写真家 木村拓のウェブサイト

木村さんは、「1003レシピ」(講談社)の他にも、
「晩ごはん、これ作ろう ケンタロウ 100レシピ」(集英社)
「ごはんのしあわせ」(ソニーマガジンズ)
「ちょっといいもの、うまいもの」(SSコミュニケーションズ)
『ケンタロウ「魚!」ムズカシイことぬき!』(講談社)
「ケンタロウのすぐごはん」(ソニー・マガジンズ)
「大っきいおかず 小っちゃいおかず」(講談社)
「ケンタロウ+キッチンでおいしい生活」(ソニー・マガジンズ)
なども撮影されてます。

伊藤まさこさんの「おいしいってなんだろ?」(幻冬舎)に、木村さんとの対談が載ってて、「1003レシピ」が紹介されてます。

その中で、木村さんは「1003レシピは制作に3年くらいかかった」と言ってます。
さらに、「彼(ケンタロウさん)は料理写真は図鑑でいい」とよく言ってたそうです。

木村さんも、その考えに異論はなく、「1003レシピ」はあえて図鑑のような撮り方をしているとのことです。
そういう経緯があったとは知りませんでした。

いろんなレビューを見ても、「1003レシピはレシピは多いけど、写真がないからわかりにくい」と言う人がとても多いです。
そういう制作者の意図や裏側を知らないのもありますが、もう一つは、読む側の想像力が問われているのです。

スタイリストの高橋みどりさんも、「写真はなくていい。(料理は)想像力でやればいい」と昔から言ってるそうです。

写真があれば、ついそれを頼りにしてしまいます。
わかりやすいからです。
でも、本来は写真はイメージであり、補助です。
サンプルに過ぎないのです。

ケンタロウさんは、そこをわかった上で、図鑑を目指したのです。
ケンタロウさんなりの問題提起です。

木村さんの Instagram

https://www.instagram.com/tokyoryorishashin/

◉こちらもどうぞ

伊藤まさこさんの「おいしいってなんだろ?」で、ケンタロウ本を発見

コメントを残す