ケンタロウ

ケンタロウレシピは、やんちゃなくらいがちょうどいい。

フレンチトーストの作り方で「バター、メイプルシロップ、シナモンを、これでもかというほどかける」とありました。

「これでもかというほど」という表現は、あまり他のレシピ本では見かけません。
いや、見たことないです。

これこそがケンタロウレシピの真骨頂です。
いかにそれが好きかというのが、ビリビリ伝わってきます。

「たくさんかける」よりも「これでもかというほど」の方が感覚的にダイレクトに伝わります。
レシピのほとんどは理詰めで作りますが、こういう分量じゃない感覚的な部分も大事な気がします。

「適量じゃわからない」と言う人もいますが、人間の気持ちも数値で表せないのと同じで、厳密にすればするほど窮屈に感じて料理がイヤになってしまいます。

こういうやんちゃっぽい遊び心がケンタロウさんのサービス精神なのです。

コメントを残す