ケンタロウ

お薦めされて買った「ケンタロウ 1003レシピ」を絶賛してくれてた方の解説が素晴らしく的を得てた。

【全面書き直し版】
ケンタロウ本の中でも、ダンドツで集大成的な立ち位置の「ケンタロウ 1003レシピ」は、2700円もします。


いつもの2、3冊分の値段で、ちょっとお高い豪華本です。

値段だけ見れば決して安くはないですが、レシピの数で割れば、1レシピわずか3円弱です。
その人の人生をかけた料理が、たった3円で教えてもらえるのです。
たかがレシピですが、その人が作り出した作品です。
音楽や小説、絵画と同じです。
作る前のワクワク、作る楽しみ、そして味わううれしさ、この3つの幸せがわずか3円です。
激安です。
1日1レシピ作ったとしても、2年半以上かかります。
いくつもの季節を味わいながら、ケンタロウさんのレシピも味わえるのです。
そう考えると、1万円でも高くないです。
人生をかけて考え出してくれた作品なのですから。

そんな「1003レシピ」を、大絶賛しながら解説してくれてるブログを見つけました。

息子持ちの忙しい私のための料理本これ1冊 | 働くママ(ワーキングマザー)のサバイバル作戦

これまでいろんなケンタロウ本レビューを見てきましたが、久しぶりにゾクゾクしたレビューです。
ポイントの解説があまりに上手で、読みながら思わず線を引きそうになりました。
本の宣伝文に使いたいキーワードがいくつも出てきます。

みゆきさんは、結婚がきっかけで、料理の壁にぶち当たったそうで、その時に友人から薦められたのが「1003レシピ」だったのです。

みゆきさんも、やっぱり「値段が高い」と思ったそうです。
「1003レシピあるある」と言ってもいいくらい、だいたいの人が「高い」と言うので、それは織り込み済みです。

今では、この本しか使ってないそうです。
もうケンタロウファンの鑑です。

「これ1冊で済むなら、写真なんていらない」とも言ってくれています。
それこそまさにこの本の狙いです。
写真がなくてもいくらいに、わかりやすく作られています。

「死ぬまでこれ1冊でいける」
本の帯のキャッチコピーにしたいくらいの名言です。

なんとなくで買ったレシピ本が、ここまで使い倒してくれると、もはや電話帳的な存在です。
「これさえあれば、なんとなる」があるのとないのとでは、大違いです。
お薦めしてくれたその友人にも感謝です。
その方が「これいいよ」と言ってくれなかったら、こんな出会いがなかったどころか、家族の幸せにも関わっていたかもしれないのです。
まさにケンタロウ本が取り持ってくれた縁です。

ご丁寧に解説してくださって、関係者に代わって厚く御礼申し上げます。

コメントを残す