ケンタロウ

Rakuten みんなのレビューでケンタロウ本レビューを読んでみた/1003レシピ編

「すでにケンタロウさんの本を何冊も持ってる人はこれだけのレシピ数なので、レシピがかぶるかもしれません」と言ってる人がいました。

かぶりません。
似たようなレシピはありますが、同じレシピはありません。

ケンタロウさんはレシピの使い回し、いわゆるコピペはしません。
どこかで見たようなレシピでも、どこかが違っています。
書き方の問題ではなく、レシピそのものが違うのです。
なので、安心して買って大丈夫です。

「ケンタロウファンは必須本間違いなし」
「ケンタロウさんの愛が詰まっている実用書」
「これ一冊あれば、一家の食事は事足りる」
これらはそれぞれ別の人ですが、みなさんズバリポイントを掴んでいて感心します。

普通、実用書といえばカチッとした肩苦しいイメージを持ちますが、そこに「愛」はなかなか結びつきません。
ヨソヨソしい実用書に愛が付くことで一気に距離が縮まった気がします。

「一家の食事は事足りる」は家庭の医学書の帯に書いてありそうなキャッチコピーですが、まさにそうです。
10003レシピも載っているのですから、主菜と副菜の2品作っても1年以上かかります。
お得すぎるレシピ本です。

「図書館で何度も借りてやっぱり手元に欲しくて購入しました」
ファンのお手本のような人です。
図書館にあるのですから、わざわざ買わなくてもいいのに、それでも欲しくなったのですから、それほど気に入ったのでしょう。
本に胃袋を掴まれたのです。
やっぱり私も同じことをしています。
好きな本は何度も借ります。
意識していないのに、つい借りてしまうのです。
どうしても欲しいと思える本に出会えるのは素晴らしいです。
そして、そう思ってもらえたケンタロウさんはきっと大喜びしているはずです。

【おまけ】
ケンタローさんと言ってる人もいました。
いいんです。
ギリギリ通じるので、大丈夫です。

【楽天市場】ケンタロウ1003レシピ (講談社のお料理book) [ ケンタロウ ](楽天ブックス)(未購入を含む) | みんなのレビュー・口コミ

コメントを残す