ケンタロウ

【まとめ】「ケンタロウのおいしいラジオ」のBGM/その11

2005年6月第4週「ウニ」
Louis Armstrong – When You Wish Upon A Star
「ウニは高価なので、食べたい時は星に願いをかけるような食材です。
流れ星が流れている間にウニだったら、3回言えるかも知れません。
そこで、星に願いをがタイトルのこの曲を選びました」


2005年7月第1週「ベジタブル焼肉丼」
Jackie Edwards – In Paradise
「夏の始めにピッタリ。
焼肉丼にも合うので、この曲を選びました」

2005年7月第2週「ちくわ」
G. Love & Special Sauce – Shooting Hoops
「G Love は格好いいのですが、何となく間が抜けた、いい意味で力の抜けたゆるい雰囲気のアーティストです。
ちくわも真ん中が抜けています。
なので、この曲を選びました」

2005年8月第4週「教えてスペシャル パート12」
Rickie Lee Jones – My One and Only Love
「リスナーの皆さんに僕の愛を込めてお答えしたいので、この曲を選びました」

2005年9月第1週「醤油」
Bob Dylan – Like a Rolling Stone
「ボブ・ディランは僕の音楽ライフに欠かせません。
醤油も毎日に料理に欠かせません。
なので、この曲を選びました」

2005年10月第3週「ししゃも」
John Lennon – Stand By Me
「曲のタイトルはそばにいるよです。
ししゃもと言えば子持ちししゃも。
親魚に子供の卵が常にそばに寄り添っています。
ジョン・レノンにもヨーコ・オノが常に寄り添っていました。
なので、この曲を選びました」

2005年10月第4週「お弁当 パート3」
Louis Armstrong – Heebie Jeebies
「平日でもお弁当を食べる時は、この曲のようにほんわかのんびりと休みの日の気分で食べて欲しいという思いを込めて、この曲を選びました」

2005年11月第3週「ほっけ」
John Mayall & The Blues Breakers – Ramblin’ on My Mind
「ほっけは北の荒波にもまれています。
イメージは孤独なブルースです。
なので、このブルースを選びました」

2005年11月第4週「教えてスペシャル PART13」
Bob Marley- Positive Vibration
「お料理でお悩みの皆さんに。
この曲のようにポジティブなバイブレーションが伝わって欲しいとの思いを込めて、この曲を選びました」

2005年12月第3週「クリスマス料理」
Rickie Lee Jones – On Saturday Afternoons in 1963
「土曜日のクリスマスイヴに合うのがこの曲です。
しっとりとした雰囲気のある曲を選びました」

2005年12月第4週「お節料理 パート2」
Antonio Carlos Jobim – Wave
「2006年もいい波(WAVE)が来ますようにとの願いを込めてこの曲を選びました」

2006年1月第4週「しじみ」
スガシカオ – 愛について
「しじみを思い浮かべた時、スガシカオさんが真っ先に思いつきました。
しじみは黒。
スガシカオのファッションのイメージも黒が多い。
そんな簡単な理由ですが、この曲を選びました」

2006年6月第3週「ビーフン」
Bob Marley And The Wailers – Do You Remember
「何を食べようか?と考える時に、ビーフンとパッとは思いつきません。
食べると好きなのに、ビーフンの認識は薄いのもの。
忘れられやすいメニューです。
なので、タイトルが覚えている?の、この曲を選びました」

 

◉こちらもどうぞ

【レシピあり】ケンタロウのおいしいラジオ/まとめ

コメントを残す