ケンタロウ

ケンタロウさんは、本当の好きを知っている。

ケンタロウさんブログに「サンキューニーバ」という回があります。

ケンタロウさんの愛車、旧ソ連製ラーダ・ニーバとのお別れの話です。
ケンタロウさんは、車が大好きです。
なんとなく好き、ではなく、むちゃくちゃ好きなのです。
どのくらい好きかが、このブログでわかります。

ケンタロウさんは、愛車を「どこをとってもダメな車」と言ってます。
ダメな車なのに、それでも好きだということです。
普通、ダメな車には乗りません。
いつ壊れるかわからない車は怖いですし、維持費も余計にかかってしまいます。
もしかしたら、乗ってる時間より、修理に出してる時間の方が長いかもしれません。
それでもやっぱり好きなのです。
これが本当に好きということです。

ちょっと好きな人は、ついメリットや効率で選んでしまいます。
これは、あらゆることに当てはまります。
好きなことをメリットや効率で選んでしまうと、何かトラブルが起こった時に文句を言うのです。
文句を言った時点で、もう好きではないです。
本当に好きな人は、トラブルも織り込み済みなので、「ああ、またか」と開き直ってますし、その状況すら楽しんでます。

物事の判断基準は、正しい正しくないではなく、好きか嫌いかで選ぶことです。
その方がブレません。
好きか嫌いかを基準にすることで、シンプルな軸になりますし、迷いが生まれません。
いい・悪い、メリット・デメリット、効率的か非効率かで選ぼうとしてる時点で、そのことは好きではないのです。

コメントを残す