ケンタロウ

「ケンタロウ本のケンタロウ度を測ってみた」でわかった3つのこと

いろんなケンタロウ本を比べてみたら、3つのことがわかりました。

まずは、こちらをお読みください。
ケンタロウ本のケンタロウ度を測ってみた

①ケンタロウ本が変わった境目
今回、ケンタロウ本を見比べるにあたって、出版年月日順に読んでいきました。
そうすることで、時代やケンタロウさんの変化もよくわかりますし、流れや節目もわかりました。

初期の本ではケンタロウさんのおちゃらけたカットもよく見られたのですが、ある時期からはなくなっています。
大まかですが、2003年くらいの本から徐々に少なくなっていき、2006年くらいからの本は割と落ち着いたケンタロウさんの写真になっています。
特別な理由はないかもしれませんが、順に見ていくととてもよくわかります。

②出版社によって違いがある
各出版社も特色ある本にしたいため編集方針もまちまちです。
一番わかりやすいのが主婦の友社のケンタロウ本です。
ケンタロウさんの写真も大きく、カット数も多く、タレント本のような印象さえ感じます。
あえてキャッチーに作っているなというのが随所に見られます。

一方、大真面目にレシピ本の教科書的に作っているのが文化出版局です。
どの本もケンタロウさんの写真は少ないですし、イラストもほとんどないです。
エッセイはあることはありますが、それでも他の出版社に比べると少なめです。
王道路線をいってる感じがしますし、こういう出版社があってもいいです。

講談社の本は、タレント本とレシピ本の中間のような感じです。

③エッセイと写真の重要性
この「ケンタロウ度を測ってみた」は「いい本はどれか」ではなく、あくまでもケンタロウ度を測っています。
ケンタロウ度が高い本は、ひと言で言えばケンタロウさんのキャラがわかる本です。
ケンタロウ本の読者が全員ケンタロウさんをよく知っているとは限りません。

たとえばケンタロウさんのことをまったく知らない人が読んだ場合、写真やエッセイがあるとどういう人かがわかります。
あるのとないのとではまったく違います。
経験として実感がありますし、きっと多くの読者がそうでしょう。
レシピさえあればレシピ本として成立しますが、著者の人となりがわかった方が愛着が湧きます。
これは大事なポイントです。
恋愛と同じです。

レシピ本なのでレシピさえ分かればそれで十分という人もいるかもしれませんが、やっぱりエッセイがあってほしいです。
エッセイやコラムを読んでケンタロウさんの考えがわかって上で料理を作るのとそうでないのとでは、同じ料理でも味わいは変わってきます。
味ではなく、味わいです。
同じレシピなので味としては同じですが、味わいはやっぱり違います。
食べる場所によって味の感じ方が違うように、それほどに人間の舌は敏感です。

総じてケンタロウ度が高い本は写真やエッセイが多いです。
いろんなレビューを見てもそういう人は多いです。
ケンタロウ本から写真やエッセイがなくなってしまったら、もうそれはケンタロウ本ではない、くらいに写真やエッセイは大きな存在です。
特にエッセイがなかったら、ただのレシピ本として見ていたでしょうし、手に取る回数も多くはなかったかもしれません。

おまけ
今回、「ケンタロウさんがスタイリングを担当した」というのは考慮から外しました。
私はケンタロウさんがスタイリングを担当した本が大好きで、別格な本、と位置付けています。
なので、それを考慮に入れてしまうと、それだけでグンと点数が跳ね上がってしまって、軒並み上位になってしまいます。
どの本もなるべく平等に採点したかったので、グッとガマンしました。

コメントを残す