ケンタロウ

「ケンタロウのすごくシンプルなごはん」をデザインした若山嘉代子さん

若山嘉代子さんは「すごくシンプルなごはん」を装丁してくれています。
私も大好きな本です。


若山さんのサイト
L’espace official site

作品ページに「すごくシンプルなごはん」も紹介されてます。

伊藤まさこさんの「おいしいってなんだろ?」(幻冬舎)に若山さんとの対談が載ってました。

自分の「おいしい」は強く出さない

その中で、若山さんは本のデザインをする上で、自分の「おいしい」は強く出さないように心がけているそうです。
デザイナーは表現者ではなく、あくまでも黒子だという考え方です。
「著者の意図を汲み取り、制限の中で表現するのが楽しい」と言います。

料理本にはレシピや著者のポリシーなどは書かれていても、装丁家の考えなどはどこにもありません。
どういう思いで作っているのかを知ると、読み方や感じ方はまるで違います。

赤澤かおりさんの「本棚の本」(アノニマ・スタジオ)にも、若山さんが登場されてます。

コメントを残す