ケンタロウ

ケンタロウさんにとって、糖質制限は幸せ制限。

富裕層が”月100万円分”の肉を食べる理由 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online
という記事を見つけました。

彼は健康のために糖質を摂らず、肉食中心の食生活を送っているそうです。
月100万円分の肉を食べるとも言ってます。
何をどう食べようが自由です。

たとえば、「肉が好きで好きでどうしようもなく、朝から晩まで肉のことを考えていて、気がついたら肉ばかり食べている」はわかりやすいです。
彼もそういうタイプなのかなと思ったら違いました。
体のために肉を食べてるのであって、「肉がうまい」と思って食べてないそうです。
私は衝撃を受けました。

おいしいと思ってないのに月100万円も肉を食べているのです。
ある意味、贅沢な修行です。
おいしいと思ってないのですから、いくら体のためとはいえ、義務感で食べてるようなものです。
食べられる牛や豚の立場もないです。
ただでさえ人間の理不尽すぎる都合で殺されるのに、殺されるはおいしいと思ってくれないはで、まさに踏んだり蹴ったりです。

彼の食生活を想像して、幸せとは何かを考えさせられました。
「何を食べるか」は、「どう生きるか」です。
人間にとって最も大事なのは食べることです。
生き延びるためにも何を食べるかが大事ですが、おいしいかどうかも大事です。
長生きできるなら味なんてどうでもいいというのも生き方の一つですが、それはそれで窮屈な感じもします。

彼は「体を犠牲にして糖質を摂るなんてばかげてる」とも言ってます。
ケンタロウさんにしてみれば、「おいしいを犠牲にして肉を食べるなんてばかげてる、肉に失礼だ」です。
ケンタロウさんにとって糖質制限は、幸せ制限と同じです。
白いごはんが大好きなのですから、それはつまり糖質大好きです。
それを制限するのですから、どれほど味気なくつまらない食事かがよくわかります。

食事は、大きく2つに分かれます。
体のために栄養価のことだけを考えて食事をするのか、それともただ純粋においしさを求めて好きなものを食べるのか。
どっちも正しいですし、どっちも一つの生き方です。

人間は、食べたもので作られていると言います。
ケンタロウさんは、幸せというごはんを食べています。
だから幸せなのです。

私は「とにかく白いごはんが好き」と断言する幸せな人が書いた幸せな本が好きです。
仮に栄養が偏っていようとも、生き方さえ偏っていようとも、読み続けます。
ケンタロウさんが好きだからです。
たとえばかげていても、幸せです。

 

◉こちらもどうぞ

ケンタロウさんの好きな白いごはんの味は、幸せの味。

コメントを残す