ケンタロウ

【ケンタロウさん】隠れるくらいなら、ファンではない。

「私は実はケンタロウさんの隠れファン」とブログに書いている人がいました。

こういう人がいることにびっくりしました。
なぜ隠さないといけないのでしょうか。
そんなに後ろめたいことなんでしょうか。
ファンでいることで何か不都合でもあったのでしょうか。

そもそも隠れているくらいですから、そんなにケンタロウさんのことは好きではありません。
土の中の種が発芽しても芽が土の中に隠れているので外からは見えません。
見えないということは発芽しているのに種のままと同じ状態です。
せっかくファンと言っているのにそれを隠すのですから、結果的に好きじゃないということになってしまいます。

「実は隠れファンなんです」と言われた側もキョトンとしてしまいます。
就職の面接で「実は御社の隠れファンなんです」と言ってもまず通りません。
そんな人を採用したいと思う会社はありません。
「隠れファンです」と言うことで思いが伝わらないばかりか、チャンスまでなくしてしまっているのです。
これは実にもったいないです。

隠しても隠してもどうやっても溢れてしまうのが本当の好きであり、愛です。
愛をケチってもいいことはありません。
湯量が少ない温泉に入りたくないのと同じです。
いくら源泉掛け流しでも半身浴しかできないような湯量だとケチ臭いだけです。
愛を出し惜しみする人はケチ臭い人です。
ケチ臭い人の口ぐせは「どうせ私なんか…」です。
そうするとますます誰からも相手にしてもらえなくなって、どんどん卑屈になってしまいます。

「嫌いではないんだけど、そんなに好きでもない」という中途半端な人より、好きで好きでたまらないオーラが出まくってる人の方が振り切れていて気持ちがいいです。
「隠れファンです」と言う裏には何か別の物も隠してるんじゃないかと勘ぐってしまします。
好きな気持ちを隠してもいいことは何もないのです。

【明日のために】
モロ出しダダ漏れな人になろう。

コメントを残す