ケンタロウ

ケンタロウ本を売る人もいれば、探し続けてる人もいる。

以前、ブックオフに行ったらケンタロウ本が10冊くらい見つかりました。

1人が全部売ったのか、それとも複数の人が持ち込んだのかはわかりませんが、いずれにしても不要になったから売りに来たのでしょう。

もちろん人によって不要になった事情はいろいろでしょうが、「どうして売りに来たのか、なぜ不要になったのか」とインタビューしてみたいです。

置くスペースがなくなって…
料理に興味がなくなった…
味覚と好みが変わった…
単純に読まなくなった…
ほんとは手放したくないけど、経済的な事情で…

売りに来る人もいれば、ずっと探し回ってる人もいますし、そう考えると中古屋さんも出会いの場所です。
私も出かけた先で中古屋さんを見つけると必ず入りますし、掘り出し本があるととてもうれしいです。

今日もどこかでケンタロウ本を売りに行ってる人がいる一方で、「今日はあるかな」と探し続けてる人もいます。
どうかいいご縁がありますように。

コメントを残す