ケンタロウ

【ケンタロウさん】食べるのに性別は関係ない。料理も、性別は関係ない。

「料理は女性が作るものというのが根深く残ってて、少しも払拭されてない」

これは今から10年以上前のケンタロウさんへのインタビューでのコメントです。

それから10年経って、ほんの少し風向きは変わりつつあるかもしれませんが、根本はそんなには変わってない気がします。
わざわざ「料理」に男子を付けるのがそれをよく表してます。

たとえば天候の乱れで野菜が値上がりしてるというニュースをよく見ますが、「家計を預かる主婦は大打撃」という切り口がほとんどですし、しかもスーパーで取材を受けるのも女性ばかりです。
良くも悪くもわかりやすいパターンです。

たとえば「花嫁修業 料理教室」で検索すると、124000件表示されます。
そのうちのいくつかのサイト見てみると、こんな文章がありました。

「女性は料理ができたほうがいい」
「結婚したら忙しくても毎日自分で料理を作る必要がある」

この2つだけ見ても、料理は男性が作るものとはとてもじゃないけど思えません。

料理は、義務ではなくて権利です。
料理なんて、性別に関係なく、したい人がすればいいです。
したくなかったら、しなくていいです。
女性だから料理できないとダメということは、まったくないです。
男性だから料理できなくてもいいということでもないのです。

男性も料理はできて当たり前、な時代は来るでしょうか?

 

◉こちらもどうぞ

【提言】ケンタロウ本「ふたりのハッピーメニュー」のエッセイは家庭科の教科書に載せるべき/その1

コメントを残す